電力自由化の不安、停電などの対処、対策 | 電力小売り自由化で選べる新電力

電力小売り自由化で選べる新電力

電力小売り自由化で電気料金を節約できます。人気の新電力をランキングしました。

電力自由化の不安、停電などの対処、対策

   

2016年より、一般家庭においても電力自由化が始まります。既に多くの企業が電力事業に新規参入することが決まっています。電力自由化によって市場競争が促されるようになり、電気料金が下がることが期待されています。メリットばかりが騒がれる電力自由化ですが、何らかのデメリットがあると思っている方もいるのではないでしょうか。

懸念されると思われる点は、電力供給の安定性、特に停電時の対応でしょう。結論から言ってしまうと、これは全く心配ありません。何故かと言うと、新電力からの供給が止まった際には、従来の地域電力会社が代わりに賄ってくれるからです。

電気は誰にとっても欠かせないインフラであるため、供給が止まることがないように法制度が作られているのです。同様の理由で、新電力が倒産したとしても、電気の供給が止まることは絶対にありません。こうした停電時や倒産などに関する規定を、バックアップ契約と言います。

また、送電網は全ての電力会社が共同で使用しています。そのため、特定の電力会社の施設にトラブルがあったとしても、他社から送られてくる電気を使うことが出来るのです。送電量の管理を担う送電会社が、全体の発電量が減少することのないように適宜指示を出します。ですから、電力需要が供給量を上回ってしまうこともありません。

ここまで見れば、電力自由化による停電リスクの増加はないということが分かっていただけたと思います。毎月の電気料金を安くするために、新電力との契約を検討してみてはいかがでしょうか。

電力小売り会社選び

電力比較一括見積もり

電力自由化、電力小売り自由化に伴い個人でも電力会社を選ぶ事が出来るようになりましたが、どこの電力会社を選べば電気料金を安く出来るのか?電力会社比較見積もりならあなたの家庭、電力使用量などであなたに合う電力会社を比較できます。無料で出来る電力比較サイトでまずは、あなたに合う電力会社を絞ってみてください。

ENEOSでんき

電力小売り自由化が始まりましたが、どこの電力会社を選ぶのかお悩みの方も多いと思います。実際、自宅、事務所の電気料金を少しでも安く出来れば嬉しいですよね!特に夏場の電気料金が跳ね上がる場合、電力会社を変えるだけで、数千円安く出来るケースもあります。
ENEOSでんきも電力自由化で注目の電力会社です。安心出来る電力会社を選んで、電気料金を安くしませんか?
まずは、簡単な入力で電気料金のシミュレーションしてください。

 - 電力自由化