電力自由化と電源としての一般住宅の自家発電 | 電力小売り自由化で選べる新電力

電力小売り自由化で選べる新電力

電力小売り自由化で電気料金を節約できます。人気の新電力をランキングしました。

電力自由化と電源としての一般住宅の自家発電

   

1995年4月に電気事業法の改正が行われました。それにより10の電力会社によって独占状態だった電力事業に競争原理が持ち込まれ、発電部門への新規参入、電力自由化がスタートしました。新規参入業者には電力の発電と小売りの両方を行う特定規模電気事業者(PPS)と小売りは行わず電力会社にのみ電気を販売する独立発電事業者(IPP)の大きく2タイプに分けることができます。これに既存の一般電力会社をあわせて、3つのタイプの電力会社を選ぶことができるようになったわけです。一般家庭への電力自由化は2016年4月、20年近くも遅れてのスタートとなりましたが、これから電力自由化によって電気料金が安くなることが期待されます。

特定規模電気事業者(PPS)においては、より多くの電力を必要とするので、そのための電源をいかに確保するかというのが大きな課題でした。有力な電源の1つは、最近増えてきている一般住宅や工場などで自家発電した際に生じた余剰電力です。

自家発電の魅力は、自分が使う電力を賄うことができるだけでなく、行政の後押しもあって、余剰電力を通常の電気料よりも高く売電することができることです。この仕組みにより、一般住宅でも太陽光発電などの自家発電システムを導入する家庭が増え、その余剰電力を特定規模電気事業者(PPS)が買い取ることで、電源の一部を確保することができるようになったわけです。ただ安定的に電力を確保できるわけではないのが課題です。

電力小売り会社選び

電力比較一括見積もり

電力自由化、電力小売り自由化に伴い個人でも電力会社を選ぶ事が出来るようになりましたが、どこの電力会社を選べば電気料金を安く出来るのか?電力会社比較見積もりならあなたの家庭、電力使用量などであなたに合う電力会社を比較できます。無料で出来る電力比較サイトでまずは、あなたに合う電力会社を絞ってみてください。

ENEOSでんき

電力小売り自由化が始まりましたが、どこの電力会社を選ぶのかお悩みの方も多いと思います。実際、自宅、事務所の電気料金を少しでも安く出来れば嬉しいですよね!特に夏場の電気料金が跳ね上がる場合、電力会社を変えるだけで、数千円安く出来るケースもあります。
ENEOSでんきも電力自由化で注目の電力会社です。安心出来る電力会社を選んで、電気料金を安くしませんか?
まずは、簡単な入力で電気料金のシミュレーションしてください。

 - 電力自由化