電力小売り自由化の新規参入企業 | 電力小売り自由化で選べる新電力

電力小売り自由化で選べる新電力

電力小売り自由化で電気料金を節約できます。人気の新電力をランキングしました。

電力小売り自由化の新規参入企業

   

電力自由化により、電力の小売販売の新規参入企業が増えることが話題となっています。様々な企業が新たに参入を検討していますが、ここではそのうち、東京電力エリアにて電力自由化の際に家庭用低圧への参入を検討している企業、実際に決まっている企業について主なものを3つ紹介します。

まずはじめに株式会社エネットが、家庭用低圧への新規参入を予定しています。株式会社エネットとは、建築物や電力設備のコンサルティングなどを請け負うNTTファシリティーズをはじめ東京ガス及び大阪ガス3社による共同出資で設立された電力会社です。

この電力会社では今回の電力自由化に際して、パートナー企業を通じて電力を供給する予定となっています。次に参入企業として挙げられる所には、JX日鉱日石エネルギー株式会社が挙げられ、ENEOSでんきとして東京電力エリアに家庭用低圧を供給する予定となっています。ENEOSでんきでは、JXエネルギーの所有している発電所や、JXエネルギーが出資している発電所から家庭用の電力を供給する仕組みになっています。

この他にも、伊藤忠エネクス株式会社では、現在は電力の自由化は商業施設や工場向けの特別高圧や高圧のみですが、2016年からの電力自由化に向けて、家庭用低圧に参入するために合併会社を設立しています。これら以外にも、ソフトバンクは東京電力と業務提携をすることで、家庭用電力の販売を予定しています。一方の通信会社のauもまた、auでんきというサービスを検討していて、地域の発電事業者の送配電システムを利用することで、家庭用電力の提供を予定しています。

電力小売り会社選び

電力比較一括見積もり

電力自由化、電力小売り自由化に伴い個人でも電力会社を選ぶ事が出来るようになりましたが、どこの電力会社を選べば電気料金を安く出来るのか?電力会社比較見積もりならあなたの家庭、電力使用量などであなたに合う電力会社を比較できます。無料で出来る電力比較サイトでまずは、あなたに合う電力会社を絞ってみてください。

ENEOSでんき

電力小売り自由化が始まりましたが、どこの電力会社を選ぶのかお悩みの方も多いと思います。実際、自宅、事務所の電気料金を少しでも安く出来れば嬉しいですよね!特に夏場の電気料金が跳ね上がる場合、電力会社を変えるだけで、数千円安く出来るケースもあります。
ENEOSでんきも電力自由化で注目の電力会社です。安心出来る電力会社を選んで、電気料金を安くしませんか?
まずは、簡単な入力で電気料金のシミュレーションしてください。

 - 電力小売り, 電力自由化