電力小売り自由化のデメリット | 電力小売り自由化で選べる新電力

電力小売り自由化で選べる新電力

電力小売り自由化で電気料金を節約できます。人気の新電力をランキングしました。

電力小売り自由化のデメリット

   

電力小売り自由化は市場競争をもたらすため消費者にとっては伝記価格の値下げなどさまざまなメリットがあるとされているのですが、当然電力自由化の背景にはデメリットもあります。
電気は生活の必需品である以上、デメリットを見ないまま決断すると後になってから後悔をすることになりかねません。
ではどういったところに注意が必要なのかというと、まずやはり問題になるのは電力供給の安定性です。
これまでの日本では国認可された限られた会社のみ電力供給を担っていましたから、災害などのイレギュラー発生時以外は常に安定した供給がされていました。
しかし電力自由化はそれまでの実績に関わらず参入の意思を示して実際に供給が出来れば良いのですから、そこでは利益目的のために保守点検の能力が低いスタッフを雇用したり、本来行うべき設備投資を怠る業者が出てくるリスクがあります。
実際2000年のアメリカ、カリフォルニア州では電力自由化後に天然ガス価格上昇や猛暑による予想を上回る消費電力、そして電力の小売り価格に規制がかかっていたたため卸売価格が高額になったにも関わらず小売価格が値上げ出来ないという状態に陥り、結果として電力会社が「利益を確保できない」という理由で売り渋りを行って輪番停電を行わざるを得ない事態に発展しました。
もちろんそうした事態を防ぐための制度設計を行うことは前提としてあるでしょうが、自由化の背景には利益を理由としたトラブルが起きる可能性が常に存在しています。
電力自由化による供給の安定性喪失リスクは非常に大きなデメリットですから、必ずチェックしなくてはならない部分と言えるでしょう。

電力小売り会社選び

電力比較一括見積もり

電力自由化、電力小売り自由化に伴い個人でも電力会社を選ぶ事が出来るようになりましたが、どこの電力会社を選べば電気料金を安く出来るのか?電力会社比較見積もりならあなたの家庭、電力使用量などであなたに合う電力会社を比較できます。無料で出来る電力比較サイトでまずは、あなたに合う電力会社を絞ってみてください。

ENEOSでんき

電力小売り自由化が始まりましたが、どこの電力会社を選ぶのかお悩みの方も多いと思います。実際、自宅、事務所の電気料金を少しでも安く出来れば嬉しいですよね!特に夏場の電気料金が跳ね上がる場合、電力会社を変えるだけで、数千円安く出来るケースもあります。
ENEOSでんきも電力自由化で注目の電力会社です。安心出来る電力会社を選んで、電気料金を安くしませんか?
まずは、簡単な入力で電気料金のシミュレーションしてください。

 - 電力小売り, 電力自由化