新規電力小売り事業者へ乗換連絡 | 電力小売り自由化で選べる新電力

電力小売り自由化で選べる新電力

電力小売り自由化で電気料金を節約できます。人気の新電力をランキングしました。

新規電力小売り事業者へ乗換連絡

   

さてそれでは実際に間近に迫った電力自由化に伴った電力小売り事業者に乗り換える流れについて、簡単にお話していきたいと思いますが、まず新規電力小売り事業者は2016年1月から電力事業者の切り替え受け付けを開始しています。そして事業者各社のサービスを見比べて、自分に合った電力事業者に乗り換えますが、その第一歩は現在契約している既存の電力会社との解約手続きになります。

新電力小売り事業者へ乗換する際には、必ず既存契約者から解約の意思を確認した上での解約手続きになりますので、プロセスの第一段階として電力の契約の解約が必要です。それが済んでから新しい電力小売り事業者に対して、電気開通の申込をしていきますが、その際もこれまで使っていた電力事業者と解約手続きの時にもらう、お客様番号と供給地特定番号と検針票の検針結果が通知されている書面、また切り替え希望日を伝えます。

供給地特定番号とは、電力を供給するために必要は22桁の番号であり、この番号は2016年1月以降の検針票に記載があります。供給地特定番号の記載箇所は各電力会社の検針通知書に記載がありますので一度そちらを確認してみてください。尚これらの契約内容の伝え方は電話でも可能ですし、新電力小売り事業者のウェブサイトでも可能とのことで、その際に本人確認も必要としますので免許証の用意もしておくようにしましょう。場合によってはコピーを取って書面としての提出も必要です。

電力小売り会社選び

電力比較一括見積もり

電力自由化、電力小売り自由化に伴い個人でも電力会社を選ぶ事が出来るようになりましたが、どこの電力会社を選べば電気料金を安く出来るのか?電力会社比較見積もりならあなたの家庭、電力使用量などであなたに合う電力会社を比較できます。無料で出来る電力比較サイトでまずは、あなたに合う電力会社を絞ってみてください。

ENEOSでんき

電力小売り自由化が始まりましたが、どこの電力会社を選ぶのかお悩みの方も多いと思います。実際、自宅、事務所の電気料金を少しでも安く出来れば嬉しいですよね!特に夏場の電気料金が跳ね上がる場合、電力会社を変えるだけで、数千円安く出来るケースもあります。
ENEOSでんきも電力自由化で注目の電力会社です。安心出来る電力会社を選んで、電気料金を安くしませんか?
まずは、簡単な入力で電気料金のシミュレーションしてください。

 - 電力小売り, 電力自由化