夜間電力割引などの行方 | 電力小売り自由化で選べる新電力

電力小売り自由化で選べる新電力

電力小売り自由化で電気料金を節約できます。人気の新電力をランキングしました。

夜間電力割引などの行方

   

電力会社の発電システムは、安定して電力を供給するために、電力使用量が最も多くなる日中のピーク時を基準に設備が設けられているため、使用電力量が減少する夜間は余剰電力が生じてしまいます。この損失を抑えるために、夜間電力の電気代を安くして、日中使用する電力を夜間に回してもらい、一日の供給量をできるだけ一定にしようとしています。

ところが、この夜間電力の新規契約を2016年の4月以降は行わないということを関西電力をはじめ、中国電力、北陸電力などが相次いで発表しています。3月末時点で契約している場合は、そのまま契約は有効ですが、なぜ急に新規で夜間電力の契約を行わないと発表したのでしょうか。この背景には電力自由化があると言われています。

電力自由化に伴い、既存の電力会社は日中の電気代を値下げせざるを得なくなると考えられています。経営的に厳しい状況になることから、格安に提供していたサービスから中止していかざるを得ないということのようです。

ただ、電力会社の発表では、全面電力自由化が解禁される4月からは、新たな割引料金を打ち出すと言っています。結果的には、夜間に電力を使用することのない大多数の人にとっては、電力自由化によってもたらされる経済的な恩恵は大きいと言ってよいでしょう。また、電力自由化以外でも、原油価格の下落や原発の再稼働などにより、電気代は値下げされることが予想されています。高い電気代に長く耐えてきましたが、ようやく解放されそうです。

電力小売り会社選び

電力比較一括見積もり

電力自由化、電力小売り自由化に伴い個人でも電力会社を選ぶ事が出来るようになりましたが、どこの電力会社を選べば電気料金を安く出来るのか?電力会社比較見積もりならあなたの家庭、電力使用量などであなたに合う電力会社を比較できます。無料で出来る電力比較サイトでまずは、あなたに合う電力会社を絞ってみてください。

ENEOSでんき

電力小売り自由化が始まりましたが、どこの電力会社を選ぶのかお悩みの方も多いと思います。実際、自宅、事務所の電気料金を少しでも安く出来れば嬉しいですよね!特に夏場の電気料金が跳ね上がる場合、電力会社を変えるだけで、数千円安く出来るケースもあります。
ENEOSでんきも電力自由化で注目の電力会社です。安心出来る電力会社を選んで、電気料金を安くしませんか?
まずは、簡単な入力で電気料金のシミュレーションしてください。

 - 電力自由化